美しい歯並びで魅力的な口元を!きれいな歯並びは健康の基本です。

矯正治療について

◎歯並びが悪いと・・・

  • 歯磨きがしにくく、汚れが残ってしまい、虫歯や歯槽膿漏(歯周病)になりやすい 
  • きれいな歯並びの人と比べて食べ物がきちんと噛めない 
  • かみ合わせの悪い部分から空気がもれて発音がしにくい場合がある 
  • 上下の唇が閉じにくいためいつも口があいてしまう 
  • 口元が気になり、大きく口をあけて笑えない など様々な障害が起こります

 

矯正を始める時期

  • 歯並びの状態や永久歯への生え変わりの状態 
  • 治療方法 
  • 年齢(小さい子供さんの場合、本人の矯正への関心や協力が必要になります) 
  • 受験や転勤といった個人的な問題によって(治療を開始する時期が変わります)

小学校低学年(7~8歳)までに歯科医に相談して適切な治療開始時期を指示してもらって下さい。成人の方の場合、歯を支える骨や歯が十分に残っていれば矯正治療に年齢制限はありませんので矯正治療にかかる時間は歯並びの状態や治療方法により異なります。また、患者さんによって歯の移動するスピードが異なりますので一概に決めることはできませんが平均的には下記に示すとおりです。

  • 治療期間中は一ヶ月に一回程度の通院が必要です。 
  • 小さな子供さんの(乳歯や乳歯と永久歯が一緒に生えている)場合、二回に分けて治療を行うことがあります。一回目の治療は主に歯を移動させることではなく、骨の成長をコントロールする目的で行うため約1~1年半の治療を行います。 
  • 二回目の治療や成人の方の(すべての永久歯が生えている)場合、通常1年半~2年半程度の治療期間がかかります。 
  • 治療終了後に動かした歯がもとの状態に戻らないようにするため患者さん自身で取り外しのできる装置を使用してもらい、3~6ヶ月に一度チェックのため、来院していただきます。

 

矯正にかかる費用

顎の手術が必要な場合や特定の先天性疾患を除き、基本的に矯正治療は健康保険が適用されません。

 

矯正料金概要

  • 初診・相談料…3,000円
    現在の口腔内の確認および必要と思われる治療、当院における矯正治療の流れに関して説明致します。
  • 検査・診断料…50,000円
    診断に必要な検査を行い、その結果をもとに治療方針、使用装置、治療期間、費用などの説明を致します。
  • 小児矯正(混合歯列期・Ⅰ期治療)…250,000~300,000円
    乳歯と永久歯が混ざって生えている時期の治療でおおよそ7・8歳~12・13歳頃までの治療になります。
    治療期間は1~1.5年、治療回数12~18回を目安としております。
  • 一般矯正(永久歯列期・Ⅱ期治療)…500,000~600,000円
    すべて永久歯に生えかわっている場合の治療でほぼすべての歯の移動を伴う本格的な矯正治療です。Ⅰ期治療からⅡ期治療へ移行した場合は差額を支払っていただきます。治療期間は1.5~2.5年、治療回数18~30回を目安としております。
  • 処置・調整料…5,000円
    小児矯正、一般矯正の装置の装着および調整の際の料金となります。
  • 管理料…3,000円
    保定装置・リテーナー(後戻り防止のための装置)の管理、調整や経過観察中の診察の際の料金となります。

※ 患者さんの不注意による装置の破損・紛失の場合の再製、再装着の場合は別途料金をいただくことがありますので装置の取り扱いには注意事項を守っていただきますようお願い致します。
※歯の交換時期、治療期間、治療回数に関しては個人差がある為あくまで目安となっております。
※ 部分矯正に関しては治療範囲にて料金が異なりますので詳細は直接ご相談下さい。

 

矯正治療に伴うリスク

  • 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日~1・2 週間で慣れることが多いです。
  • 歯の動き方には個人差があります。そのため予想された治療期間が延長する可能性があります。
  • 患者さんが取り外しを行う装置やゴムの使用、定期的な通院等、矯正治療においては患者さん自身の協力が非常に重要となります。それらが治療結果や治療期間に影響します。
  • 治療中は装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まりますので丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになり、虫歯の治療が必要になることもあります。
  • 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯茎がやせて下がることがあります。
  • ごく稀に歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
  • ごく稀に歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
  • 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
  • 治療中に「顎関節で音が鳴る」、「あごが痛い」、「口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  • 様々な問題により当初予定した治療計画を変更する場合があります。
  • 歯の形を修正したり咬み合わせの微調整を行ったりする場合があります。
  • 矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入ることや、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する場合があります。
  • 装置が外れた後、保定装置を指示通り使用していただけないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
  • 矯正治療後、装置が外れた後の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などにやりなおす必要性がある場合があります。
  • あごの成長発育により咬み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  • 治療後に親知らずの萌出に伴い凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。

※矯正歯科治療は一度始めると元の状態に戻すことは難しくなる為、以上のリスクを理解し熟考されたうえで治療を開始されますようお願い致します。

a.jpg

中田歯科・矯正歯科クリニック

日曜診療あり(隔週)
9:00-12:00
お電話にてご確認ください。

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
042-974-4088