虫歯を防ぐことは難しいことではありません。
それでも虫歯になってしまったら・・・。

虫歯について

食物残査が、口腔内及び歯牙表面に残り、微生物により分解され有機酸を作りそれによりエナメル質が脱灰(溶かされる)ことにより始まります。
特に糖分を多く摂取する人は口腔内で不溶性グルカン(水に溶けにくい)が生成され残査の粘着力が強くなるため、歯面が不潔になり易くなります。C0~C4まで分類されますが、C0(要観察歯)は適切な口腔清掃により進行を防ぐ事が出きます。C1~C4はそれぞれに適応した治療が必要となってきます。

 

歯周病

細菌により歯周組織(歯肉・歯を支えている骨)が炎症を起こし、進行すると破壊されてくる疾患です。
初期の軽度の状態では歯肉の炎症が見られ、出血や腫れが主な症状ですが、進行してくると歯根に沿って細菌が進入し、歯を支えている骨を破壊します。同時に歯の動揺(ぐらぐらする)も現れます。症状が強くなり、強い炎症や、膿が溜まる(歯槽膿漏)と痛みが強くなり、場合により発熱などの全身症状も見られる事もあります。
その他かみ合わせ被せた物や詰め物が高く、かみ合う歯と強く当たっていたり、叢生(らんぐい歯)によりかみ合わせがズレていたりする場合は。通常の咬合時に大きな違和感はないが、長い間負担がかかる為、歯を支えている歯周組織(歯肉・歯を支えている骨)が次第に破壊されてくる事があります。そのため被せ物や詰め物ををしたあとの噛み合わせの調整を行う事が必要です。

 

治療と治療後のケアについて

治療に際して

虫歯及び歯周病も基本的には原因を除去する事が大切です。
虫歯→細菌におかされた部分を除去し、詰め物をします。又神経にまで細菌が進入している場合は神経を除去し、根の治療を行います。
歯周病→細菌の巣となっている歯石や根表面の深い所の汚れを除去します。それにより症状は改善してきますがが骨の破壊が進行している場合は通常の噛む力でも負担になる事があるので噛み合わせの調整を行い、また動揺(ぐらぐら)が大きい場合は歯を数本つないで固定して噛む力を分散させる事もあります。また、薬物(抗菌剤や消炎剤)が併用される場合もあります。
当院では歯質を強化し虫歯菌を抑制するフッ素コーティングも行っております。

 

治療後のケア

いずれにしても口腔内に存在する細菌が原因なので、ブラッシングや歯石除去などにより口腔内を清潔に保つ事が大切です。また詰め物やかぶせ物をしてある歯は健全歯(治療を行ってない歯)に比べ、虫歯を再発しやすいので、定期的な口腔内検診を受けられることをおすすめします。

a.jpg

中田歯科・矯正歯科クリニック

日曜診療あり(隔週)
9:00-12:00
お電話にてご確認ください。

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
042-974-4088